任意売却後もそのまま家に住み続けられるリースバックについて詳しく解説しています

任意売却後もそのまま家に住み続けたい!リースバックのご案内

今の家に住みながらその家を売却できる「リースバック」

任意売却のうちの1つの選択肢として「リースバック」と呼ばれる方法があります。正確には「セル・アンド・リースバック」と言い、信頼出来る投資家や投資会社などの第三者にローンが支払えなくなった自宅物件を買い取ってもらい、新しくオーナーとなった第三者に家賃を支払うことでその物件に住み続けることができる、というシステムです。

競売を避けられるだけでなく、隣近所に一切事情を知られることなくそのまま同じ家に住み続けられるということで精神的なダメージを大きく軽減することができます。また、突然の引っ越しに伴う子どもの転校や年老いた両親の負担などを心配する必要もありません

リースバックは、住宅ローンの支払いが困難になったケースだけでなく、急遽発生した相続税の支払いに応じることが金銭的に難しいために家を手放さなければならなくなった、ローンの支払いは完了しているが老後の資金としてまとまったお金が欲しい、家はあるが生活資金がない、といったケースにも適用できるシステムです。では、具体的にリースバックを利用した場合のメリットを見てみましょう。

リースバックのメリットとは?

引っ越しをせず、今まで通りに自宅に住み続けることができる

リースバックを行うにはまず投資家や投資会社などの第三者を見つけなければなりません。第三者に自宅物件を買い取ってもらったら、新オーナーとなったその第三者と賃貸借契約を結びます。そうすることで月々の家賃をその新オーナーに支払いながらその家に住み続けることができるため、新しい家を探す必要も引越費用を捻出する必要もありません。また、売却情報を一般公開して広く購入希望者を募ることをしないため、物件を一度売却したことを他者に知られる心配もありません。これは投資家である第三者にとっても、家賃収入が確実に見込める賃貸物件に投資することになるため、確実に利益が見込める選択でもあります。

住宅ローンの返済や固定資産税の支払いなどの負担がなくなる

投資家あるいは投資会社などに物件を買い取ってもらった場合、物件の売却代金はほとんど住宅ローンの債務の返済にあてられます。それによって月々のローンの心配がなくなると同時に、もう物件の所有者ではないため固定資産税の支払い義務もありません。月々の家賃の支払いだけに集中できるため、生活の立て直しを十分に行うことができる状況になります。

知人や親族が買主であれば買い戻しの相談ができることも

リースバックの場合、一般的に買主は融資を受けて購入するので、買い戻し特権のような権利設定はできません。しかし、まれに現金で購入する買主や、知人や親族が買主である場合など、そのような買戻しの権利設定に応じる場合があります。

リースバックの相談ができる優良サポート業者ご紹介

総合評価第1位
任意売却サポートが評判のおすすめ業者No.1株式会社リームス 株式会社リームス

依頼者側の経済的事情を最優先に独自のフォローシステムを使って再生・再建をサポート。数多くある競合他社に先駆けて多数の任意売却サポートを手掛けてきた歴史があります。

総合評価第2位
任意売却サポートが評判のおすすめ業者No.2全日本任意売却支援協会 全日本任意売却支援協会

平成21年、日本初の任意売却に関する社団法人として設立。全国38エリアに相談所を設け、相談者、債権者の双方にとってメリットのあるサポートをモットーに任意売却を進めます。

総合評価第3位
任意売却サポートが評判のおすすめ業者No.3全国住宅ローン返済相談センター 全国住宅ローン返済相談センター

資格を持った任意売却の専門家が多く在籍している専門業者です。不動産買取、コンサルティング、査定業務、競売代行、不動産投資顧問業、二種金融商品取引業なども行います。

ページのトップへ