任意売却のトラブルやよくある失敗・注意点について詳しく解説しています

任意売却のトラブルやよくある失敗・注意点

任意売却のよくあるトラブル

経済的にも精神的にも窮地に陥っている物件所有者を救うほぼ唯一の手立てとも言える任意売却ですが、システムをよく把握し納得した上で実績のある業者にサポートを依頼しなければ、思わぬトラブルに発展してしまうこともあります。ここでは任意売却のそれぞれの段階で発生しやすいトラブルをいくつかご紹介してみましょう。

相談段階で起こりやすいトラブル
     
  • 創業数十年という歴史のある会社だと思って依頼しようと思ったが、任意売却部門は最近設立された部署で心配になった。
  •  
  • ホームページを見てTV取材多数であったので依頼したが、実際は任意売却の広告会社で担当する会社は違う会社であった。その広告会社には広告料を払っているらしい。
  •  
  • 相談の電話をしたら、物件の査定・売却の話ばかりで売却後の残債のことやその後の生活の不安についての相談には何も答えてもらえなかった。
  •  
  • 相談した会社が元は住宅支援機構の取引禁止登録業者であったが、名称や代表者を変えて新規設立した会社であることをインターネットで知って相談をやめた。
  •  
  • 不動産会社の人が家に来たときに、ローンが支払えなくなるような状況に陥った人を見下すような態度でとても傷ついた。
  •  
  • 競売にかけられて近所に知られるのが嫌で任意売却に踏み切ったのに、玄関先で大声で話すので近所の人に知られてしまった。
契約段階で起こりやすいトラブル
     
  • リースバックができると言っていたのに入札時期直前でリースバックができないので不動産会社へ買い取ってもらうしかないと言われ、不動産会社を替えた。
  •  
  • 専任媒介契約を結んだ後、販売活動の進捗状況を一切知らせてくれず、こちらから連絡したら担当者がいつも席を外していて、やがて電話がつながらなくなった。
  •  
  • 債権者との交渉にものすごく時間がかかった上、結局税金の差し押さえを解除してもらう交渉が決裂し、任意売却は不可能となった。
  •  
  • 買い手が現れないまま時間が経ち、競売にかけられることになった。
売却段階で起こりやすいトラブル
     
  • 引越費用として確保してもらえた金額が5万円ほどで、家族4人の引越にはまったく足りなかった。
  •  
  • 引越先が最後まで見つからず、その後の生活資金の目途も立たないまま売却だけが成立してしまい、かなり残債がある状態で親戚の家に家族バラバラに居候している。

任意売却で失敗しないために気を付けることまとめ

上記のようなトラブルを避けるためには、任意売却の依頼者である側にも十分な知識と注意が必要です。精神的に辛い状況ではありますが、現状をしっかり把握した上で任意売却のシステムについてもよく調べて理解し、相談する相手やタイミングを間違えないようにしなければなりません。任意売却で失敗しないための注意点を、

相談先をよく吟味する 現状および今後の展望について包み隠さず話す 相談するタイミングを間違えない

の3点に分けて以下にご説明してみます。

相談先をよく吟味する

任意売却を行う際、実際に交渉を行い、物件の売却活動をしてくれるのは、専任媒介契約を結んだ仲介業者です。この業者選びに失敗すると、任意売却は必ずと言っていいほどうまくいきません。任意売却は一般の不動産売買とはまた違った知識と技術を必要とするため、業者を選択する際には「確実な実績があるかどうか」をしっかり見極めることが必要です。その会社が任意売却を専門に行って来た年数や実績をチェックしましょう。

現状および今後の展望について包み隠さず話す

自分を担当してくれる相談者にはできるだけ現状について包み隠さず話す必要があります。ローンの支払いが困難な状況に陥っていること以外にも未払いがあるならその金額を、そして消費者金融やカードローンに多額の借入れがある場合も必ず話しておきましょう。恥ずかしいと感じて少なく申告してしまったり、失業しているのに休業中だと話したり、あるいは今後の展望として月々に支払える金額を多く見積もったりすると、相談員はその後の見通しを誤ってしまい、その結果任意売却が失敗してしまうことにもなりかねません。信頼して話せる相談員を見つけ出し、必要なことは隠さずに話せる状況を作ることは成功のための第一歩です。

相談するタイミングを間違えない

相談するタイミングについては「任意売却にかかる費用や売れるまでの期間手続きのながれ」でも図解していますのでそちらを参考にしていただきつつ、遅すぎることはあっても早すぎることはない、ということだけはしっかり頭に入れておくといいと思います。早ければその分ゆっくり準備をすることができますし、二人三脚で最後まで一緒にがんばってくれる会社および相談員をじっくり探す時間もあります。住宅ローンや税金などの滞納の不安を感じた時点での相談が最適です

任意売却の相談ができる優良サポート業者ご紹介

総合評価第1位
任意売却サポートが評判のおすすめ業者No.1株式会社リームス 株式会社リームス

依頼者側の経済的事情を最優先に独自のフォローシステムを使って再生・再建をサポート。数多くある競合他社に先駆けて多数の任意売却サポートを手掛けてきた歴史があります。

総合評価第2位
任意売却サポートが評判のおすすめ業者No.2全日本任意売却支援協会 全日本任意売却支援協会

平成21年、日本初の任意売却に関する社団法人として設立。全国38エリアに相談所を設け、相談者、債権者の双方にとってメリットのあるサポートをモットーに任意売却を進めます。

総合評価第3位
任意売却サポートが評判のおすすめ業者No.3全国住宅ローン返済相談センター 全国住宅ローン返済相談センター

資格を持った任意売却の専門家が多く在籍している専門業者です。不動産買取、コンサルティング、査定業務、競売代行、不動産投資顧問業、二種金融商品取引業なども行います。

ページのトップへ